2018年3月26日月曜日

★兵庫県眼科医会臨時総会並びに特別講演 [生涯教育認定事業] (託児可)
日時:2018年2月24日(土)15:30~
場所:兵庫県医師会館
保険の話 : 15:30~16:00   
総会:16:00~16:30
特別講演: 16:30~17:30
  「黄斑部病変に対する外科手術
   --画像診断の発展がもたらす新しいアプローチ-」         
    今井 尚徳 先生(神戸大学医学部付属病院眼科 病院講師)


★第37回神戸市立医療センター中央市民病院・神戸アイセンター病院眼科
 オープンカンファレンス [生涯教育認定事業]
日時:2018年3月10日(土) 14:00~17:15
場所:神戸市立医療センター中央市民病院 講堂
特別講演:「OCTを用いた緑内障診断の実際」
    富田 剛司 先生(東邦大学医療センター 大橋病院 眼科 教授)

★第15回兵庫県オフサルミックセミナー [生涯教育認定事業]
日時:2018年3月24日(土)17:00~19:30
場所:ホテルクラウンパレス神戸 5階「MID TOWN」の間
Section 1. 17:00~17:40 
座長 西田 明弘 先生(神戸市立神戸アイセンター病院 副院長)
「視神経炎の診かた」 栗本 拓治 先生(神戸大学医学部附属病院眼科 特定助教)

Section 2. 17:40~18:20 
座長 本田 茂 先生(神戸大学大学院医学研究科 外科系講座眼科学分野准教授)
「緊急手術疾患とその対応」 木村 直樹 先生(兵庫医科大学 眼科学講座 講師)

Section 3. 18:30~19:30 
座長 五味 文 先生(兵庫医科大学 眼科学講座 主任教授)
「病態から考える加齢黄斑変性の最適治療」 古泉 英貴 先生
(琉球大学大学院医学研究科 医学専攻眼科学講座 教授)
 

上記講演会出席し勉強してきました。今後の診療に役立てていきます。

薬物による網膜障害

他科領域で用いられる薬物による網膜の影響が及ぶ場合がある。表はこれらの薬剤をまとめたものである。日本の眼科の最新号に掲載されていました。今後参考にしていきます。

2017年12月1日金曜日


兵庫県医師会設立70周年記念式における永年勤続学校医15年の功績により安木眼科院長が表彰されました。学校関係者の方々に御報告致します。これからもますます地域医療に貢献していきます。

2017年10月30日月曜日


2017年10月28日(土)~29日(日) 仙台国際センター

第58回日本視能矯正学会 (日本最大の視能訓練士の学会)

に当院の視能訓練士が出席し勉強してきました。

今後も、院長を含め日本全国の学会に出席して患者様のよりよい医療に貢献致します。

2017年10月26日木曜日



2018年スギ花粉飛散予測

2017年より1.3倍に増加する予定です。来年1月末より点眼加療により予防も必要です。
また、アレルギー性鼻炎と診断されている方は小児から大人まで内服薬も処方致します。

2017年10月6日金曜日

今日の健康」で放映されます。

 10/9(月)  NHK教育テレビ 午後8時30分 





2017年10月4日水曜日



“神戸市看護のともしび賞”を受賞゛

当院 看護士 岡本 百合子が、看護業務における長年の業績に対し、本年10月30日社団法人兵庫県看護協会ハーモニーホールにおいて神戸市長より第25回「神戸市看護のともしび賞」を授与されました。大変喜ばしいことですのでご報告申し上げます。
院長 安木一雄

http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/08/20170829136501.html
記者資料提供(平成29年8月29日)
保健福祉局健康部地域医療課 三和田・酒井
TEL:078-322-5246 内線3371
E-Mail:komet@office.city.kobe.lg.jp

在宅医療に関する講演会「私の終活について考えてみませんか?」並びに第25回(平成29年度)「神戸市看護のともしび賞」表彰式の開催

■在宅医療に関する講演会

  団塊の世代が75歳以上となる2025年に向けて、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が急務とされています。
  その構築のためには、在宅医療の推進が重要であり、市民の皆さんに在宅医療、自分らしい最期を迎えるために必要なことに関する理解を深めていただく目的で、講演会を開催します。
 1.講演テーマ 「私の終活について考えてみませんか?」
 2.講師      在宅看護研究センターLLP 代表 村松 静子(むらまつ せいこ) 氏

■神戸市看護のともしび賞

  看護業務に功績のあった市内の看護職員を表彰し、看護業務及び地域医療の向上発展を図ることを目的として、平成5年度から実施しています。市内の医療機関や介護・福祉施設等からの推薦の中から、今年度は19名の受賞者を選考しましたので、神戸市長による表彰式を行います。

第25回(平成29年度)神戸市看護のともしび賞受賞者一覧(五十音順、敬称略)
氏名施設名
秋武 友和(あきたけ ともかず) 兵庫県災害医療センター
姥谷 千鶴子(うばたに ちづこ)介護老人保健施設いつでも夢を
大海 由美(おおがい ゆみ)警察共済組合 兵庫県支部診療所
岡本 眞智子(おかもと まちこ)神戸大学医学部附属病院
岡本 百合子(おかもと ゆりこ)安木眼科
小野 裕子(おの ひろこ)岡田医院
こう  杏芳(こう きょうほう)
(こうの表記は【龍】の下に【共】)
神戸海星病院
才木  誠(さいき まこと)垂水病院
佐藤 和子(さとう かずこ)恒生病院
白石 真由美(しらいし まゆみ)神戸百年記念病院
高田 郁子(たかた いくこ)西記念ポートアイランドリハビリテーション病院
高田 治美(たかだ はるみ)野瀬通所介護施設りあん
竹村 千佐子(たけむら ちさこ)兵庫しあわせ訪問看護ステーション
時吉 あけみ(ときよし あけみ)兵庫県立ひょうごこころの医療センター
永田 良子(ながた りょうこ)神鋼記念病院
中山 とし美(なかやま としみ)国立病院機構神戸医療センター
山端 恭子(やまばた きょうこ)兵庫県立リハビリテーション中央病院
山森 みどり(やまもり みどり)神戸市立医療センター 中央市民病院
鷲見 麻津子(わしみ あつこ)堀本医院
 

■開催概要

1.日時  平成29年9月30日(土曜)午後2時~午後4時

2.場所  兵庫県看護協会 ハーモニーホール
神戸市中央区下山手通5丁目6番24号

3.参加費   無料

4.募集人数  400名(先着順)

5.受付期間  平成29年8月30日(水曜)~9月28日(木曜)

6.申込方法  「神戸市イベント案内・申込センター」に電話でお申し込みください。
          電話:(078)333-3372 (受付時間:午前9時~午後9時)

7.主催   神戸市、(公社)兵庫県看護協会、(一財)神戸在宅医療・介護推進財団

8.後援  (一社)神戸市医師会、(公社)神戸市民間病院協会

2017年7月4日火曜日


平成29年8月1日から後期高齢者医療被保険者証が新しくなります。当院窓口で提示してください。
一部負担金の割合が1割か3割かを確認させていただきます。お忘れなく持参してください。